REVOGENERATION

アクセスカウンタ

zoom RSS ユッケ集団食中毒事件、結局どこが責任を取るのかな???

<<   作成日時 : 2011/05/08 15:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

焼肉酒屋えびすで発生した「O111」の集団食中毒!
4人の死者を出してしまった。
矛先は当初焼肉酒屋えびすだったけど、捜査が進んでいくうちにやっぱり個人的には卸売業者の大和屋商店の方が過失度合いが高いと思っている。
今日気になるニュースは以下のもの!
『焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で、焼肉酒家えびすに牛肉を卸していた業者の役員とみられる男性が、「ユッケで使用できます」とする牛肉をインターネットのサイトで販売していたことがわかった。
このサイトでは、焼肉酒家えびすに牛肉を卸していた東京・板橋区の「大和屋商店」と同じ住所とファクス番号の会社が、通信販売で牛肉を販売していて、商品には「赤身率が高く、ユッケやロースで使用できます」との説明がつけられている。
また、担当者として、大和屋商店の役員とみられる男性の名前と写真が記載されていた。
食中毒事件をめぐっては、焼肉酒家えびすを運営する「フーズ・フォーラス」が、「大和屋商店から生食用として勧められた」としているが、大和屋商店は東京都に対して、「生食用の肉は出荷していない。加熱用を出荷していた」と説明しているという。』というもの。
この記事からどう考えても大和屋商店の嘘は明らかであろう。
大和屋商店は東京都に対して、「生食用の肉は出荷していない。加熱用を出荷していた。」と説明しているなんてよく主張しているよと思う。
国に基準がないのも問題である。
まあ何でも基準に縛られていいというものではないが、命に係ることに関してはやっぱり基準が必要であろう。
国、焼肉酒屋えびす、大和屋商店の3つの中で、あなたが遺族だったらどこを責めますか???
私は大和屋商店だな!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京都板橋区の卸売業者
今旬の日記 : 卸売業者の情報 卸売業者の情報. 2011年05月08日13:20. カテゴリ. 旬を支えている。 五月病かもって心配そうだったヨ。 ouen0002 &middot; この記事をクリップ! &lt; 高速道路無料化関連の情報. PR. リンク集. 記事検索. 最新記事. 卸売業者の情報 &middot; 高速道路無料化関連の情報 ...(続きを読む) 卸売業者最高ですよね! 二人のセットプレゼントをあげましたすまワタシのテーマが家的にはふつうの日曜日ゴールデンウイーク最終日な... ...続きを見る
トレンドニュース速報
2011/05/08 16:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

tefutefu counter

ユッケ集団食中毒事件、結局どこが責任を取るのかな??? REVOGENERATION/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる